HOME > 製品紹介 > ファン性能試験 > マルチノズルファン風量測定装置

F401-NAH/H型 マルチノズルファン風量測定装置

本装置はAMCA規格およびJIS規格に基づく、マルチノズル方式によるファンの風量測定装置です。各種の小型ファンの性能試験に使用できます。F-411流量演算システムと組み合わせることにより、ファンのP-Q特性の自動計測を行うことができます。
自動計測では、ファン回転数、電圧、電流などを同時に測定することができます。マルチノズルの切替えをソフトから自動で行う方式と手作業で行う方式があります。

 

マルチノズル方式のファン風量測定装置は、補助送風機のインバータ制御とダンパの開度制御により任意の風量、静圧での試験を行います。
この度、ダンパ開度の調節をパルスモータにより高速化をはかり、計測時間の大幅短縮化を実現しました。ダンパの開閉速度で10倍となり、P-Q計測時間は、従来比1/3程度を実現しました。既存システムを高速化に改造も可能ですので、お気軽にお問合せください。

風量範囲別に5種類のラインナップとなっています。
風量測定用マルチノズルの設定を NAH 外部操作 / H 手動操作 で区別します。
適合規格:JIS_B8330:2000,ISO_5801:2007,AMCA210-16 等
計測時間:約10分 測定点数11点、 高速ダンパ(全閉→前回5秒)の採用

計測範囲

 型式

 風量m3/min

 圧力計測Pa

 風洞径×長さmm

-006NAH/H

0.2~6.5

0~1000

350角

-010NAH/H

0.2~10

0~450

500角

-020NAH/H

0.2~20

0~240

500角

-030NAH/H

0.2~30

0~300

600角

-050NAH/H

0.2~50

0~210

800角

上記流量範囲外は特注品となります。

F411-(N)XH型 流量演算装置

F401-006~050NAH/Hを制御します。制御法、計測器類により分類されます。
P-Q曲線、回転数、電流、電力および効率のグラフを作図および印刷することが可能です。

構成機器

  補助送風機および電動ダンパー制御回路
  静圧変換器、差圧変換器
  専用ソフトウエアおよびインターフェース機器
  パーソナルコンピュータ(Windows)

オプション付属品

  回転計および回転数入力ユニット
  電圧・電流計測ユニット
  試験用安定化電源
  P-Qグラフ編集ソフト(MS-Excel VBA)

PDFカタログを開きます