熱交換器性能試験装置用風供給装置

装置概要

本装置は、ラジエーター/インタークラーの放熱性能を評価する為の試験体に均一な風を供給する装置で、送風機の上流にてマルチノズル式の流量計測ができる様になっています。
また、装置全体を制御する計測ソフトを使用すればセッティングを行ってしまえば自動的に性能を評価する帳票まで作成することができます。

概略仕様

試験体開口サイズ Max800×800mm
風量可変範囲 9~450m3/min(2.5~11.5m/s)
風速分布 ±10%以内
風量安定性 設定値±1%以内
風量測定器 AMCA ノズル
試験体圧力損失 Max1.0KPa
制御装置 インバーター
モーター 30kw
概略寸法 D4.2×W7.7×H2.3m

前の記事

高性能検定用風洞

次の記事

ラジエータ試験装置