低騒音風洞

装置概要

航空、車両、自動車、流体機械などの分野では、空力騒音の軽減と効率改善により環境(Ecology)や経済的(Economy)に優しいECO製品を開発するため、風洞実験とCFD(計算流体力学)を用いて、相互に補完しながら騒音発生のメカニズムを解明し、検証していく必要があります。本低騒音風洞は、今後の流体騒音の軽減化の研究開発に必要な低騒音性に優れた流れ場を提供します。

概要仕様

風洞形式 縦型回流式風洞
測定部 500×500×1000L(mm)
 風速 0~40m/s
騒音レベル 57dB(A)以下
無響室 5000L×4200W×1900H(mm)
設置スペース 16L×6W×5.5H(m)

吐出型低騒音風洞も製作可能です。

前の記事

変動風発生風洞

次の記事

極超音速風洞